0%

前科者

2022年1月28日(金) 全国ロードショー

期待感想投稿キャンペーンはこちら

INTRODUCTION

人生につまずいた者たちを、
寄り添うことで救えるのか──?

人気コミックを若手&
ベテラン実力派キャストの
魂の共演で実写映画化
緊迫のサスペンスのその先に深い感動が待つ
本格社会派エンターテインメント

Read more

STORY

いま届けたい希望と再生の物語

ふたつの仕事をかけ持つ阿川佳代、28歳。コンビニ勤務は至って平穏だが、もうひとつの務めは波乱に満ちていた。

元受刑者の更生を助ける保護司という仕事で、
国家公務員だがボランティアのため報酬は一切ない。
それでも阿川は、次々と新たな問題を起こす前科者たちを、「あなたは崖っぷちにいます!」と厳しく叱り、
「落ちたら助けられなくなります」と優しく励ます。
「もっと自分の人生を楽しめば」と周りには言われるが、何があっても寄り添い続ける覚悟に一点の曇りもなかった。

そんな中、阿川は殺人を犯した工藤誠を担当することになり、懸命に生きる彼を全力で支える。
ところが、工藤は保護観察終了前の最後の面談に現れず、社員登用が決まっていた自動車修理工場からも悠然と姿を消す。
折しも連続殺傷事件が発生、捜査線上に工藤が容疑者として浮かぶことで、
これまで阿川が隠してきた過去や“保護司になった理由”が明かされていく。
置いてきた過去に再び向き合う工藤、彼を信じてその更生に全力を注ぐ阿川。

二人がたどりついた先に見える希望とはーー?

保護司とは

保護司法・更生保護法に基づき、法務大臣から委嘱を受けた非常勤の国家公務員で、犯罪や非行に陥った人の更生を任務とする。活動内容に応じて実費弁償金が支給されるが、給与は支給されず、民間のボランティアによって成り立っている。
保護司法の第1条には、保護司の使命が次のように掲げられている。
「保護司は、社会奉仕の精神をもつて、犯罪をした者の改善及び更生を助けるとともに、犯罪の予防のため世論の啓発に努め、もつて地域社会の浄化をはかり、個人及び公共の福祉に寄与することを、その使命とする」。

CAST

Profile +

有村架純 / 阿川佳代

保護司。コンビニのアルバイトで生計を立てており、ある出来事をきっかけに保護司となった。生真面目で頑固だが、使命感は強く、時として周りを驚かせるような行動に出る。

Profile +

森田剛 / 工藤誠

阿川の保護観察対象者。自動車修理工場で働いている。片耳に補聴器を着けており、その原因にもなった職場の先輩からの激しい暴力といじめに耐えきれず、先輩を刺殺した。

Profile +

磯村勇斗 / 滝本真司

警視庁の刑事。阿川の中学時代の同級生。交番巡査襲撃事件とそれに続く二件の射殺事件の容疑者として工藤誠が浮かび、工藤の保護司である阿川と再会する。

Profile +

若葉竜也 / 実

工藤誠の前に現れる謎の男。

Profile +

マキタスポーツ / 鈴木充

警視庁の刑事。滝本の上司で相棒として行動を共にするベテラン刑事。少々頭に血が上りやすい。

Profile +

石橋静河 / 斉藤みどり

阿川の初めての保護観察対象者。便利屋を営んでいる。自由奔放な性格で、阿川を振り回すこともあるが、自信を失くす阿川に「佳代ちゃんの弱さは武器だから」と伝え励ます。

Profile +

北村有起哉 / 高松直治

東京保護観察所の保護観察官(更生保護に関する専門的な知識を持つ国家公務員)。阿川を優しく、時に厳しく監督・指導する。

Profile +

宇野祥平 / コンビニ店長・松山

佳代がアルバイトするコンビニの店長。
時に保護司の仕事を優先させて没頭する佳代に文句を言いつつも、温かく見守る。

Profile +

リリー・フランキー / 遠山史雄

工藤誠の義父。誠と妻・遠山幸恵を虐待し、しまいには幸恵を殺害。出所後は再犯することなく、工事現場で警備員の仕事をしている。

Profile +

木村多江 / 宮口エマ

遠山史雄の弁護士。犯罪者の更生を、罪の重さで線引きするべきではないという思いから、遠山史雄の弁護を引き受けた。

STAFF

監督・脚本・編集 岸善幸

Profile +

音楽 岩代太郎

Profile +

原作 香川まさひと(原作)

Profile +

原作 月島冬二(作画)

Profile +

人生につまずいた者たちを、
寄り添うことで救えるのか──?
いま届けたい、希望と再生の物語

ふたつの仕事をかけ持つ阿川佳代、28歳。コンビニ勤務は至って平穏だが、もうひとつの務めは波乱に満ちていた。犯罪者の更生を助ける保護司という仕事で、国家公務員だがボランティアのため報酬は一切ない。それでも阿川は、次々と新たな問題を起こす前科者たちを、「あなたは崖っぷちにいます!」と厳しく叱り、「落ちたら助けられなくなります」と優しく励ます。「もっと自分の人生を楽しめば」と周りには言われるが、何があっても寄り添い続ける覚悟に一点の曇りもなかった。

そんな中、阿川は殺人を犯した工藤誠を担当することになり、懸命に生きる彼を全力で支える。ところが、工藤は保護観察終了前の最後の面談に現れず、社員登用が決まっていた自動車修理工場からも忽然と姿を消す。折しも連続殺傷事件が発生、捜査線上に工藤が容疑者として浮かぶことで、これまで阿川が隠してきた過去や“保護司になった理由”が明かされていく。置いてきた過去に再び向き合う工藤、彼を信じてその更生に全力を注ぐ阿川。
二人がたどりついた先に見える希望とは──?

人気コミックを若手&
ベテラン実力派キャストの
魂の共演で実写映画化
緊迫のサスペンスのその先に深い感動が待つ
本格社会派エンターテイメント

阿川佳代役には、『花束みたいな恋をした』、『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』という、2021年公開の大ヒット作2本で全く異なるキャラクターを演じ分けた有村架純。本作では、不器用なほどまっすぐで、お茶目なユーモアも発揮するが、実は過去の秘密を抱える多面的な阿川佳代を、様々な光を放つプリズムのように演じきった。工藤誠役には、『ヒメアノ~ル』(16)で唯一無二の存在感を放ち絶賛された森田剛。主演を務めた舞台「金閣寺」がニューヨークのリンカーンセンター・フェスティバルで上演されるなど、舞台でもその魅力を存分に発揮している。国際的にも評価されている実力で、今回は険しい道を歩んできた者の魂の慟哭を全身で表した。共演にも、2021年に公開された『ヤクザと家族 The Family』、『東京リベンジャーズ』や『きのう何食べた?』などの話題作に次々と出演している磯村勇斗をはじめ、若葉竜也、マキタスポーツ、石橋静河、北村有起哉、宇野祥平、リリー・フランキー、木村多江と、一人一人の魅力はもちろん、彼らの競演がどんな新しい世界観を創り出すのか、期待に胸躍るキャスティングが実現した。
原作は小学館「ビッグコミックオリジナル」にて2018年より連載中で、2019年にはさいとう・たかを賞の最終候補作品に選ばれた、香川まさひこ原作・月島冬二作画のコミック「前科者」。映画版に先駆けて、阿川佳代が保護司になったばかりの頃の物語が、TVドラマ版としてWOWOWで放送・配信、さらにはWOWOWオンデマンドとAmazon Prime Videoでも見逃し配信される。
監督は、劇場映画デビュー作『二重生活』(15)で、ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞、ニューヨーク・アジアン映画祭審査員特別賞を受賞した岸善幸。第2作となる『あゝ、荒野』(17)では報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞、ブルーリボン賞などの作品賞を受賞、人間とは何かを問うヒューマンドラマの名手であり、今後の日本映画を担う存在として、その名が広く知られる。
なぜ、阿川は若くして保護司という仕事に人生を捧げるのか? なぜ、工藤は社会復帰まであと一歩のところで姿を消したのか? 真実が明かされた時、生きることの儚さと切なさ、強さと喜びが心に沁みわたる。罪を犯した工藤の未来に寄り添う阿川の言葉が、観る者の明日を温かく照らす感動の物語。

有村架純 / 阿川佳代

1993年2月13日生まれ。兵庫県出身。
2010年に「ハガネの女」でドラマデビューし、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」(13)の好演で注目を集める。『映画 ビリギャル』(15)では、第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞と新人俳優賞をW受賞。また、同作と『ストロボ・エッジ』(15)の演技により、第58回ブルーリボン賞主演女優賞に輝く。以降、第29回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞新人賞を受賞した『何者』、『夏美のホタル』(16)をはじめ、『アイアムアヒーロー』(16)、『3月のライオン』(17)、『コーヒーが冷めないうちに』(18)、『フォルトゥナの瞳』(19)、『花束みたいな恋をした』(21)、『るろうに剣心 最終章The Final/The Beginning』(21)など、映画で欠かせない顔となる。一方、2016年に「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」で民放の連続ドラマに初主演を果たすと、翌2017年にはNHK連続テレビ小説「ひよっこ」のヒロインに指名され、高校時代から結婚するまでを演じきった。その他の主なドラマ出演作は「中学聖日記」(18)、「そして、生きる」(19)、「太陽の子」(20)、「コントが始まる」(21)。

森田剛 / 工藤誠

1979年2月20日生まれ。埼玉県出身。
95年、V6のメンバーとして「MUSIC FOR THE PEOPLE」でCDデビュー。バラエティ番組「学校へ行こう!」などで人気を博し、V6主演の映画『ハードラック・ヒーロー』(03)や『ホールドアップダウン』(05)に参加し、映画『COSMIC RESCUE The Moonlight Generations』(03)では、Coming Centuryとして主演した。個人でも、ドラマ「月下の棋士」(00)、「喰いタン」シリーズ(06~07)などに出演。演劇界でも活躍し、05年、劇団☆新感線の舞台「荒神~AraJinn~」で初主演を務め、宮本亜門演出の「金閣寺」はニューヨークのリンカーンセンター・フェスティバル2011でも上演。いのうえ歌舞伎☆號「IZO」(08)や行定勲演出の「ブエノスアイレス午前零時」(14)などでも座長を務めた。16年、古谷実の同名漫画を映画化した『ヒメアノ~ル』(16)で映画単独初主演を務めた。

磯村勇斗 / 滝本真司

1992年9月11日生まれ。静岡県出身。
2015年テレビドラマ「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)で頭角を現し、NHK連続ドラマ小説「ひよっこ」(17)で脚光を浴びる。その後、ドラマ「今日から俺は!!」(18)では、第14回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞。主な出演作に映画『春待つ僕ら』(18)、『恋は雨上がりのように』(18) 、『新解釈・三国志』(20) など。近年は『ヤクザと家族 The Family』(21)、『東京リベンジャーズ』(21)、『劇場版 きのう何食べた?』(21)、『彼女が好きなものは』(21)など話題作に多数出演。

若葉竜也 / 実

1989年6月10日生まれ。東京都出身。
映画『葛城事件』(16)で、第8回TAMA映画賞・最優秀新進男優賞を受賞。作品によって違った表情を見せる幅広い演技力で数多くの作品に出演。主な出演作品に、『雷桜』(10)、『GANTZⅠ・Ⅱ』(11)、『DOG×POLICE 純白の絆』(11)、『明烏』(15)、『美しい星』(17)、『南瓜とマヨネーズ』(17)、『サラバ静寂』(18)、『パンク侍、斬られて候』(18)、『愛がなんだ』(19)、『台風家族』(19)、『生きちゃった』(20)、『朝が来る』(20)、『罪の声』(20)、『AWAKE』(20)、『あの頃。』(21)、初主演した『街の上で』(21)、『くれなずめ』(21)など多数。2020年後期放送のNHK連続テレビ小説『おちょやん』で朝ドラ初出演し注目を集める。現在OA中のNHK ドラマ10『群青領域』に出演中。公開待機作も多数控えている。

マキタスポーツ / 鈴木充

1970年1月25日生まれ。山梨県出身。
お笑い芸人、ミュージシャン、俳優、文筆家など幅広く活躍中。俳優としては『苦役列車』(12)で第55回ブルーリボン賞新人賞、第22回東スポ映画大賞新人賞などを受賞し一躍脚光を浴びる。近年の映画出演作に、『みんな!エスパーだよ!』(15)、『アイアムアヒーロー』(16)、『忍びの国』(17)、『そらのレストラン』(19)、『さんかく窓の外側は夜』(21)、『劇場版 きのう何食べた?』(21)など。

石橋静河 / 斉藤みどり

1994年7月8日生まれ。東京都出身。
2015年、舞台「銀河鉄道の夜2015」 で俳優デビュー。初主演作『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(17)で第60回ブルーリボン賞新人賞をはじめ数多くの新人賞を受賞。ほか出演作に映画『きみの鳥はうたえる』(18)、『人数の町』(20)、『あのこは貴族』(21)、舞台「神の子」(20)、「未練の幽霊と怪物」(21)、「近松心中物語」(21)など。赤名リカ役を務めたドラマ「東京ラブストーリー」(20)や「大豆田とわ子と三人の元夫」(21)などの話題作にも多数出演。

北村有起哉 / 高松直治

1974年4月29日生まれ。東京都出身。
1998年に『カンゾー先生』に出演し映画デビュー。近年の映画出演作は『太陽の蓋』(16)、『オーバー・フェンス』(17)、『長いお別れ』(19)、『町田くんの世界』(19)、『新聞記者』(19)、『生きちゃった』(20)、『浅田家!』(20)、『本気のしるし 劇場版』(20)、『ヤクザと家族 The Family』(21)、『すばらしき世界』(21)など多数。

宇野祥平 / コンビニ店長・松山

1978年2月11日生まれ。大阪府出身。
映画やドラマを中心に、数多くの作品に出演。
近年の主な出演作に『星の子』(20)、『本気のしるし〈劇場版〉』(20)、『罪の声』(20)、『恋するけだもの』(20)、『花束みたいな恋をした』(21)、『いとみち』(21)、『太陽の子』(21)、『シュシュシュの娘』(21)など。
公開待機作に『とんび』(22年公開)、Netflix『ヒヤマケンタロウの妊娠』(22年配信)などがある。

リリー・フランキー / 遠山史雄

1963年11月4日生まれ。福岡県出身。
イラストやデザインのほか、文筆、写真、作詞・作曲、俳優など、多分野で活動。初の長編小説「東京タワーオカンとボクと、時々、オトン」は2006年本屋大賞を受賞、また絵本「おでんくん」はアニメ化された。映画では、『ぐるりのこと。』(08)でブルーリボン賞新人賞、『凶悪』(13)と『そして父になる』(13)で第37回日本アカデミー賞優秀助演男優賞(『そして父になる』は最優秀助演男優賞)など多数受賞。第71回カンヌ国際映画祭では、主演を務めた『万引き家族』(18)がパルムドールを受賞。近作は、『騙し絵の牙』(21)、『キネマの神様』(21)、『鳩の撃退法』(21)、『その日、カレーライスができるまで』(21)など。

木村多江 / 宮口エマ

1971年生まれ。東京都出身。
映画初主演となった『ぐるりのこと。』(08)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞に輝く。主な出演作は、『ゼロの焦点』(09)、『東京島』(10)、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16)、『ユリゴコロ』(17)、『あゝ、荒野』(17)、『グッドバイ〜嘘からはじまる人生喜劇〜』(20)、『一度死んでみた』(20)、『あなたの番です 劇場版』(21)、日英合作映画「Cottontail」2022年公開予定など多数。

監督・脚本・編集 岸善幸

1964年生まれ。山形県出身。
1987年早稲田大学卒業後、テレビマンユニオンに参加。「アメリカ横断ウルトラクイズ」『世界ウルルン滞在記』『情熱大陸』などをはじめ多くのバラエティ、ドキュメンタリー番組を手がける。 40代後半からNHKを中心にドキュメンタリードラマやドラマを演出。
『少女たちの日記帳 ヒロシマ 昭和20年4月6日~8月6日』(09年 ATP総務大臣賞)『開拓者たち』(12年 ギャラクシー賞)『ラジオ』(13年 国際エミー賞ノミネート 芸術祭大賞)
16年、劇場映画デビュー作『二重生活』を公開。ウラジオストク国際映画祭最優秀監督賞 ニューヨークアジア映画祭審査員特別賞を受賞。第2作となる『あゝ、荒野』(17)で国内主要映画祭の作品賞を受賞。

音楽 岩代太郎

1965年生まれ。東京藝術大学大学院を首席で修了後、テレビ、映画、アニメ、ゲーム、舞台など幅広いジャンルで活躍する。『血と骨』(04/監督:崔洋一)、『蟬しぐれ』(05/監督:黒土三男)、『春の雪』(05/監督:行定勲)、『利休にたずねよ』(13/監督:田中三敏)、『Fukushima 50』(20/監督:若松節朗)で、日本アカデミー賞優秀音楽賞を受賞。ジョン・ウー監督『レッドクリフ』『The Crossing』『Manhunt』、ポン・ジュノ監督『殺人の追憶』も手掛け、日本のみならず海外からの評価も高い。近年では大森立嗣監督『MOTHERマザー』(20)、藤井道人監督『新聞記者』(19)『ヤクザと家族 The Family』(21)、山田洋次監督『キネマの神様』(21)などを担当。岸善幸作品では『二重生活』(16)、『あゝ、荒野』(17)、連続ドラマ版「前科者」(21)に引き続き、重厚かつ繊細な音楽で彩る。

原作 香川まさひと(原作)

1960年生まれ。神奈川県出身。
脚本家、漫画原作者として活躍しており、漫画サンデーで連載されていた『監察医朝顔』を始めとしたメディアミックスされた作品も多い。
映画脚本:『クヒオ大佐』(09)・『羊の木』(18) 漫画原作:「監察医 朝顔」(06~12)・「ましろ日」(17~19)

原作 月島冬二(作画)

1964年生まれ。福岡県出身。
そらみみくろすけ名で『放課後戦隊ゴタッキー』でヤングマガジンにてデビュー。
『ぬけぬけと男でいよう』(原作:内田春菊)。『US-2救難飛行艇開発物語』(ビッグコミック)など。
「US-2 救難飛行艇開発物語」(17~20)
「バドフライ」(03~04)・「女王様がいっぱい」
(08~09)※イワシタシゲユキ名義